現代異能バトル三昧!

ラノベを中心にした現代異能バトル限定の感想サイト

アニメ・特撮

這いよれ!ニャル子さん 6

這いよれ! ニャル子さん 6 (GA文庫)作者: 逢空万太,狐印出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2010/12/14メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 202回この商品を含むブログ (58件) を見る「特撮ネタが豊富で楽しい、はじめてニャル子の本気の感情も見せて…

仮面ライダーオーズ#14

「今まで負けていたけど、グリードの逆襲がはじまるのかなあ!」 と思った後編でした。 女医師は助けたけど、大局的にみるとグリード側が巻き返したという展開は面白いですね。 セルメダルを大量に手に入れ、エネルギーは潤沢になったし、カザリはだいぶ、自…

仮面ライダーオーズ#13

「医者がその欲望もっちゃ、まずいって。そしてアンクが切れた!」 と思った前編でした。 ついに変態科学者と協定を結んだカザリが動きましたね。 アンクも知らない裏も知った彼がどんな知恵を働かせるかとても楽しみです。 ウヴァさんも動いているようだけ…

仮面ライダーオーズ#11

「後藤さんが、510さん状態に、それにしても今回のヤミーの能力は欲しいっす」 と思った前編でした。 映司と同じ旅人ながら、もっと嫉妬と欲望の強い先輩が登場。 「マイぺンライ」(なんとかなる大丈夫)が好きといいつつ、全然、そんな感じではない先輩…

仮面ライダーオーズ#9

「変な人来たあ、そして映司の過去がついに明かされる」 と思った前編でした。 映司の過去、今の彼の行動の原点が明かされました。 過去の映像のシーンから、簡単に予想できたことですが、改めて本人の口から語られると重いですよね。 平成ライダーはいろい…

仮面ライダーオーズ#8

「欲望というテーマにさらに突っ込みつつ、映司たちの関係が固まってきたなあ」 と思った後編でした。 オーズという物語は、前後編で、一つの欲望をテーマに物語を作りながら、映司とアンク、そして比奈ちゃんの成長・人生を描いていくという2つの物語が並…

仮面ライダーオーズ#6

「ガタキリバも凄かったけど、映司の言葉が至言だよなあ」 と思った後編でした。 お嬢様について悩む比奈ちゃんに対して、映司が「「欲しいと思うのはいいと思う。大切なのはその欲しいをどうするか」といったのは至言だと思う。 人間の進化が良くも悪くも「…

仮面ライダーオーズ#5

「ほんと映司とアンクのコンビは楽しいなー、メダル争奪戦も熱くなってきた」 と思った前編でした。 グリードがそれぞれ人間体になりました、メズール様だけは、声優を起用しているので、人間体は別の俳優がやるとは思っていましたが、まさかセーラー服少女…

仮面ライダーオーズ#4

「これだけ呉越同舟なバディも珍しいなあ、しかし、いよいよメダル争奪戦もはじまったな」 と思った後編でした。 アンクと映司の仲はある程度、打算はあるものの互いに予断を許さないカンケイにしたなあ、とちょっとびっくりしました。 うーん、思ったよりか…

仮面ライダーオーズ#3

「キャラ同士の確執が熱いなあ、どう落としていくんだろう」 と思った前編でした。 1,2話で大まかな舞台設定を提示して、これからキャラの関係を固めていくわけですね。 なるほど、手堅いですが、映司とアンクの目的や考えかたがあまりにも違いますし、今…

仮面ライダーオーズ#2

「説明もありつつ、バトルも面白い。タコさん便利すぎー」 と思った2話でした。 コアメダルとセルメダルの説明があったり、刑事さんの生死やら、説明を交えながら、バースデイプレゼントで自販機やら缶やら剣やらをゲットするという展開でした。 こう、情報…

仮面ライダーオーズ#1

「わかりやすいし、ワクワクする掴みはオッケーな前編だなあ」 と思った第1話でした。 Wの後番組ということで心配だったのですが、なかなか掴みはオッケーて感じでした。 Wがハードボイルドな探偵ものをベースに、子供向けにギャグを増やしていったのと正…

仮面ライダーWな騎士

仮面ライダーWキャラクターブック「悪魔と相乗り」 (TOKYO NEWS MOOK)作者: 小林ばく出版社/メーカー: 東京ニュース通信社発売日: 2009/12/11メディア: ムック購入: 1人 クリック: 48回この商品を含むブログ (7件) を見る 「頼む、この街で涙を流す奴をみた…

仮面ライダーW 最終話

「おおお、こんなに見事に終わるなんて!」 と思った最終話でした。 実質上の最終回は前回で終わって後日談的な話になったのであり、2話完結だったWなのに、1話だけということもあり、正直、蛇足になるのではないか、と思いました。 冬に映画がある以上、…

仮面ライダー#48

「翔太郎が覚悟を決め、一人でライダーとなった。最高だ、最高だ、最高だ!」 と思ったラス1前でした。 フィリップという相棒を失うこと、そして一人ではライダーとして戦えないこと。 翔太郎に突きつきられた決断はあまりにも重かった。 優しさと不安、そ…

仮面ライダーW#47

「うおおお、こんな状態で引くなんて、まぢで鬼畜な展開」 と思った問題編です。 フィリップ消失の危機。 本人も、周りもある程度納得しているのに、一人納得できない翔太郎 もともと感情の起伏が激しいですが、ここまで必死な翔太郎もあまり見たことはない…

仮面ライダーWFOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ【ネタばれ】

「うおおおお、平成ライダー映画史上最高の映画だ!」 と思った映画でした。 いやあ、面白かった。 映画ということで、アクション、アクション、アクションとお腹いっぱいのアクション三昧、それでいて飽きがこないアクションの連続 それでいて、フィリップ…

仮面ライダーW#44

「復讐心を昇華し”許す”という結論に至った竜がいいなあ」 と思った解答編でした。 シュラウド編としてだけではなく、竜編の最終章だった気がします。 ちょっと甘い判断ですが、あえて許すという結論に至った竜に拍手を送りたいですね。 もっとも、翔太郎が…

仮面ライダーW#42

「いやあ、最後いろいろすっきりする終わり方だったなあ」 と思った解答編でした。 これだけ風都に悪女が多い中、彼女はやはり悪女じゃなかったんですねえ。 その分、上杉の性格の歪みまくっていますね。 そのせいか、トライアルによる泪の救出&フィリップ…

仮面ライダーW#41

「悪女だけど、なんとなく裏がありそうだよなあ。それにしても真倉刑事がひどい」 と思った問題編です。 風都一の悪女という位置づけで登場の彼女。 たしかに、すぐに手が、いや足が出る彼女ですが、なんというか思ったより悪い女じゃない気がしますね。 な…

仮面ライダーW#40

「所長のスリッパは凄い、そしてギャグとマジの混ぜ込み具合がひどくていい」 と思った解答編でした。 いや、まあ、今回はギャグシーンがないと結構重い話になるので、ギャグが入っていい塩梅になった気もします。 ……それにギャグやっていたのって、主に竜だ…

仮面ライダーW#39話

「ギャグ回と思ったら、話が凄く進む回だった。それにつけても冴子がえげつない」 と思った問題編でした。 こんな終盤にギャク回かと思っていたら、ギャグを繰り広げつつ、おもに園咲家関係で大きく物語が動き出していた。 これだからWは油断できない。 内…

仮面ライダーW#32

「男はタフでなければ生きてはいけない、だが、優しくなくては生きていく資格がないを、地でいくストーリーだな」 と思った、解答編でした。 強さと優しさを併せ持つ、それがハードボイルドの祖レイモンド・チャンドラーが創造したフィリップ・マーロウの人…

仮面ライダーW#30

「ギャグとシリアスがうまくまじりあった話だった」 と思った解答編でした。 基本的にギャグ回でありながら、裏ではフィリップ君と翔太郎の関係や、ガイアメモリーの設定に入り込み、トリックも軽くひねられていて、面白かったです。 Wでいつも思うんですが…

仮面ライダーW#30

「ギャグとシリアスがうまくまじりあった話だった」 と思った解答編でした。 基本的にギャグ回でありながら、裏ではフィリップ君と翔太郎の関係や、ガイアメモリーの設定に入り込み、トリックも軽くひねられていて、面白かったです。 Wでいつも思うんですが…

仮面ライダーW#29

「なんじゃああ、こりゃああああ、でもおもしれえ!」 と思った問題編です。 シュール、シュールすぎると思った話でした。 シリアス一本ではなないのがWの魅力がそれにしても凄い。 夢で江戸時代を舞台にするなんて、いきなりすぎる、伏線あるけど。 そんな…

仮面ライダーW#28

「翔太郎、ほとんど登場しないのに存在感あるなあ、そして竜がデレた」 と思った解答編でした。 コミカルでありながら、語っている話は結構シリアスというなかなかバランスのいい話でした。 翔太郎はほとんど出てこないのに、竜やフィリップに彼の影響がうか…

仮面ライダーW#27

「ついにウェザーが本性を、そして翔太郎が熱い!」 と思った問題編でした。 思ったより簡単に正体を現したウェザーこと変態医師 いや、展開があんまり早すぎて強いのに雑魚臭がするのは、僕の気のせいでしょうか? それにしても、照井の絶叫を聞き、禁断の…

GENEZ3

GENEZ-3 ジーンズ (富士見ファンタジア文庫)作者: 深見真,mebae出版社/メーカー: 富士見書房発売日: 2010/02/20メディア: 文庫 クリック: 17回この商品を含むブログ (12件) を見る「さりげなく物語が動いてきたぞ!」 と思った第3巻でした。 ただの熱血だけ…

仮面ライダー#26

「ヒロインにはなれなけど、所長の漢っぷりはおやっさんゆずりだな」 と思った解答編でした。 基本的なストーリーラインが単純なだけに、所長の漢っぷりと、翔太郎の所長にたいする信頼が上手く描けています。 なんというか、なんだかんだいいつつ二人とも互…